32種類!日本一のポップコーン屋さん、ポップコーンパパ!ブランドサイト

ポップコーンパパマガジン

商品情報や、毎日の暮らしや仕事、地域にまつわる日記など、不定期ですが様々なミニコラムを更新しています。楽しくご覧下さいね★
ポップコーンマガジン ポップコーン研究所
ポップコーン研究所

意外と知られていない、昔のポップコーンの食べ方とは?

こんにちは!今回は、昔の人たちがポップコーンをどのように楽しんでいたのかをご紹介します!どんなレシピでポップコーンは作られていたのか、見ていきましょう!

 

知られざるポップコーンの歴史

ポップコーン研究所でも何度かご紹介していますが、ポップコーンの歴史は紀元前3600年前にも遡ると言われています。アメリカにあるニューメキシコ州の遺跡から、先住民の人たちがポップコーンを食べていた跡があったとか。

 

当時は焚き火の中に、ポップコーンの原料である爆裂種のとうもろこしを投げ入れて、焚き火の中から弾け飛んでくるポップコーンを食べていたと考えられているそうです。紀元前から食べられていると言われているポップコーンが、今のポップコーンに近づいたのはそれから5000年も後のお話です。

 

昔のポップコーンの楽しみ方

現在のように気軽にポップコーンが食べられ始めたのは、19世紀のアメリカの時代からだったようです。お菓子としてのポップコーンがアメリカ人に親しまれた当初は、シロップを絡めた甘い味で食べられることが多かったそうです。そのほかにも、シリアルのように牛乳と砂糖が入ったボウルの中にポップコーンを入れて食べられることもあったとか。

 

甘い味のポップコーンが主流だったアメリカでは、映画を楽しむためのお菓子としてポップコーンが認知され、人気が高まるにつれてたくさんの味が開発されていき、現在のように甘味以外の味付けも増えていきました。

 

まとめ

意外と長いポップコーンの歴史と、200年ほど前まではシロップをかけた甘いものや、シリアルみたいに食べられていたことは驚きですね。今では甘いものから、おつまみに合う味などたくさんのフレーバーが開発されていますが、当時の人からは想像できないかも。気になった方はぜひ、お家でシリアルみたいにポップコーンを食べてみてください!食べてみると案外おいしいかも。

関連記事を見る

2020/06/26

ポップコーンパパ全店営業再開!!

6月8日にUSJが再開したのと同時にポップコーンパパUCW店も100日ぶりの再開!長かったなぁ~と実感します!本日6月26日は、再開してから2週間と少し。どんな感じかと言うと、店舗によって違うものの、再開を楽しみにしてく […]

社長ブログ
2020/06/26

2020年6月8日【USJ】感動の再開!!

皆様!お久しぶりです。ポップコーンパパたけぉです。   2020年6月8日にUSJが再開しました!   8日から、14日までは、大阪在住の年間パスのみのプレオープンとの事で、営業再開日当日の様子をレポ […]

テーマパーク日記