32種類!日本一のポップコーン屋さん、ポップコーンパパ!ブランドサイト

ポップコーンパパマガジン

商品情報や、毎日の暮らしや仕事、地域にまつわる日記など、不定期ですが様々なミニコラムを更新しています。楽しくご覧下さいね★
ポップコーンマガジン ポップコーン研究所
ポップコーン研究所

自分でとうもろこしの種を育ててポップコーンを作る、美味しく作る作り方の秘訣

ポップコーンを作るためには原料となるとうもろこしの種もしっかり選別しておく必要があります。一般のとうもろこしの種ではポップコーンを作ることは出来ません。ポップコーンの作り方は簡単ですが、種は「爆裂種」という皮の堅いとうもろこしを選択しますので、水分の多いスィートコーンは適していません。

限られた爆裂種のポップコーンならば、乾燥し硬くなった種がポップコーンの材料にになります。爆裂種は先が細長く、お大粒で乾燥させてポップコーン仕様にします。

 

 

ポップコーンの「爆裂種」と、作り方

一からとうもろこしの種を植えて栽培するならば「爆裂種」を選択し収穫も枯れ気味になるまでに収穫をしないようにしましょう。一般のとうもろこしよりも収穫をずらして皮が色あせてきた時点で収穫し、乾燥することで硬くなるので、「ひび」が出たら収穫します。

 

種を植えてから最終的には乾燥させないと、ポップコーンとしての材料にはなりません。基本的にはとうもろこしはイネ科なので、コメ同様にそのまま植えておけば自然と育ちます。種はネットでも購入することが可能で、自家菜園でも育てることが出来ます。

 

 

種から育てた新鮮で美味しいポップコーンの作り方

【フライパン・鍋で作る場合】

まずはフライパンに油を敷きます。更に火にかけフライパンを十分に温めましょう。

そのまま加熱しているととうもろこしが弾ける前に蓋をしておきます。このときには必ず焦げないようにフライパンをゆすりながら調節します出来れば左右にバランスよく火が通るように左右に振りながら温めると良いでしょう。

そのままの位置でフライパンを温めているとポンポンはじけ、更には焦げる可能性も或のでしっかりフライパンの隅々まで火が行き通るようにします。これは美味しく作る大きなポイントであり、種を植えて育てた場合には万遍なく火を通しておかないと、硬いまま出来上がってしまうので栽培して収穫した種ならばよく暖める必要もあります。

 

【電子レンジで作る場合】

①ポップコーンを紙袋に入れて電子レンジにかける

ポップコーンを紙袋に入れておきます。電子レンジにおいてはしっかり自分で時間を調整する必要があります。

②基本的には500~600Wに設定して、約3分を目安に電子レンジに入れておきます。130秒を経過したら一度上下逆転させて全体に熱が行きわたるよう調節する必要があります。

電子レンジを利用したポップコーンの作り方は実に簡単です。誰でも簡単に作れますが時間を調節する必要があります。

フライパンではポンポンはじける音の感覚が短くなったら完成

 

完成は音がしなくなりますのでそれ以上加熱してしまうと、ポップコーンが固くなってしまう可能性がありますので注意が必要です。ポップコーンの作り方の基本は適した時間で調理をしていくのが好ましいです。

また短すぎても逆に硬いまま仕上がってしまうので、調理の際には目を話さないようにしておく必要があります。

 

 

アイデア次第で無限に広がるポップコーンの味の作り方

◆甘さもありお子様にも好評なキャラメルポップコーン

映画館やディズニーランドなどの遊園対などではおなじみの大人気のキャラメルポップコーン、誰でも簡単に美味しく調理が可能なポップコーンは味付けは最重要です。

①キャラメルポップコーンはフライパンに砂糖と、水を入れて熱する。

②ふつふつと泡立って来たらバターを加える。

③とろみがつくまで熱して、ポップコーンに絡めたら出来上がり!

 

◆醤油バターポップコーン

日本人と言えばやっぱり醤油が好き。昔和風顔をした日本人の事を醤油顔と言ってましたね。塩バターも美味しいけど、醤油バターも日本人が大好きな味付けです。ポップコーンの種から作っても、調理の家庭は同じです。出来ればしっかりポップコーンの種全体に火をしっかり通すことを心がけましょう。

①調理の過程は同じくフライパンにバターと醤油を入れてひと煮立ちさせる。

②ポップコーンを投入して醤油バターをポップコーン全体に絡める。

簡単に調理が出来て更に魅力的な調理を可能としています。

 

◆カレーポップコーン

カレーはみんなの大好物。カレーせんべいならぬ、カレーポップコーンも人気の味です。

①はちみつ、カレー粉、塩、オリーブオイルを混ぜ合わせる。

②ポップコーンにからめてできあがり!

カレーポップコーンも醤油バター同様に味をしっかり絡めることが最重要です。種から作った場合にも同様に火をよく通して調理をしてください。

 

◆チーズポップコーン

チーズは子供が喜ぶ味です。子どもと一緒に楽しく作ってみてはいかがでしょうか。

①塩とチーズを混ぜる。

②出来立てのポップコーンが熱いうちに絡める。

 

 

まとめ

ポップコーンをつくる時は、スーパーで売っているスイートコーンではできません。爆裂種を使うことを覚えておきましょう。ヘルシー派の方は、電子レンジでポップコーンをつくると油なしで作れ、簡単に調理が出来ます。味付けは自分のアイデア次第で無限に広がります。

子供と一緒に楽しみながら色んな味付けにチャレンジしてもいいですね。様々な味付けを楽しめるばかりでなく自分で育てた種で食べるポップコーンは格別です。そこまで難しくないので、家庭菜園でも種を育てることも可能で、更に経済的におやつ作りをすることが可能となります。

 

またネットでも「爆裂種」の種を購入することも可能です。1KGから2KGと購入しておけば必要な時に食べることが出来るようになりおやつの時間に調理出来るように買い置きしておいても良いでしょう。

短時間で調理が可能なポップコ-ンは調理にかかる手間もなく即席で作れて味付けも様々で簡単です。

関連記事を見る

2019/07/19

元スタッフの結婚パーティー

先日、元スタッフの結婚パーティーに行ってきました!!名前はすすむちゃん。インターン生として頑張ってくれた後にアルバイトとしても2年間ポップコーンパパのスタッフとして頑張ってくれました!!そのすすむちゃんが、めでたく結婚! […]

社長ブログ