32種類!日本一のポップコーン屋さん、ポップコーンパパ!ブランドサイト

ポップコーンパパマガジン

商品情報や、毎日の暮らしや仕事、地域にまつわる日記など、不定期ですが様々なミニコラムを更新しています。楽しくご覧下さいね★
ポップコーンマガジン ポップコーン研究所
ポップコーン研究所

ポップコーンを焦げずに、うまくはぜる作り方のコツを知りたい

みんなが大好きで、手軽に家でも作れるポップコーン!味付けのアレンジも幅が広くおやつ作りも楽しめます。そんなポップコーンですが、ちょっとしたコツを知っていると焦げたり爆ぜなかったりといった失敗がなく上手にできますよ。

 

ポップコーンの歴史は、メキシコ周辺と言われていて、日本に伝来したのは400年前に遡り長崎にもポップコーンに関しての資料が残されているほど、古くから存在している歴史的な食べ物なのですが、メキシコ領にもポップコーンの原料となる爆裂種もフリントコーンはタコスに使用されたりしています。

こう考えてみると昔から大衆に親しまれてきたおやつだということを実感します。近年は多くのフレーバーもありポップコーンはたくさん食べてもあまりカロリーが高くないので健康志向の高い方にもおすすめできます。

 

 

ダイエットや健康にも効果的なポップコーン

ダイエットにも効果的なポップコーンといわれる所以は、ポップコーンの中に豊富な食物繊維が含まれているからです。誰でも簡単に作れる手軽さで更に便秘にも非常に効果的です。

低カロリーの反面、ジャンクフードとしてのイメージも強いので一見カロリーが高そうに見えますが、実はダイエットに良く、更に満腹感を得ることが出来ます。そのためポップコーンは少ない量でも食べた感を感じることが出来るため、便秘解消効果もあり体の中からキレイにすることが出来る美容効果もあります。

 

◆更に、食べ過ぎを予防する効果も
食べてから満腹感を得ることが出来るので、食べすぎ、肥満の方にもオススメの食品なのです。非常に食べやすくまた新鮮なポリフェノールも含まれているので体に溜まった老廃物を合理的に外に排出する効果も有ります。その他のスナックを食べたいときにはポップコーンを食べればカロリーも低く、毎日食べても太らない食べ物なのです。

食べる時ですができるだけ焦がさないように作るようにしましょう。
ただし味付けを濃くするとその分カロリーは高くなるので気をつけましょう。

 

 

ポップコーンの美味しい作り方のコツを紹介

フライパンにしっかりと油を敷かないと上手にポップコーンは作れません。たっぷり(コーンが半分は浸る量)の油を敷いて強めの火にかけて、一気にポップコーン全体に熱が回るようにするのがポイントです。

ごま油でも美味しく作ることが出来ます。塩味は塩を振りすぎないことが大切です。また、フレーバーは塩味だけでなく醤油バターや甘いキャラメル味、コンソメ、カレーなどもあります。気分で味付けを変更することが出来るのもポップコーンの大きな魅力ですね。基本的な作り方のコツを心得ていれば何時でも簡単に調理をする事が出来ますが焦がさないように調整しておくことが大切です。

即席のおつまみやバーベキュー等の際にもオススメ、場所を選ばずにパーティなどでも即席で作ることが出来る野は大きな魅力で様々なフレーバーを楽しむの美味しく食べるためのコツです。

 

 

ポップコーンを上手に爆ぜて焦げないようにする作り方のコツ

フライパンに火をかける時は、「中火」でなく「強めの中火」で一気に温度を上げると爆ぜやすくなります。この時は焦げないように良くフライパンをゆすりながら焦げないように調節をすることが大切です。

ポンポン音が早い間隔で聞こえてきたら火から離してゆすります。温度が低いと爆ぜるまで時間がかかってコーンが焦げてしまったり、また強火にかけ続けながら長時間作っていると爆ぜたポップコーンが焦げてしまいます。

完全に音がしなくなってもそのまま調理していると焦げるか固くなりますのでご注意ください。

 

 

ポップコーンを美味しく味をからめるコツには

「ポップコーンを家で作ってみたものの後から塩を振ったけどうまく絡まなかった」という話も聞きます。ポップコーンに絡める塩はコーンと一緒に投入しましょう。塩がとけて上手にコーンに絡んでくれます。ポップコーンを作る時には味付けのタイミングも重要です。また塩を振る時には全体に万遍なく塩を絡めるようにしましょう。

コツは美味しく食べるために火力を強く目にしておきましょう。また、上手に調理をするコツは焦げないようにポンポンと音がしなくなったら火を止めるようにしましょう。

 

 

まとめ

ポップコーンは簡単・手軽にできる人気のおやつであり健康効果も高く肥満予防にも最適な食品です。更に調理も短時間で出来て簡単ですし、

油の量と、温度に気を付けたら上手に焦げずに上手に爆ぜます。是非お料理の参考にしてみてくださいね。

油も入れ過ぎなければよりヘルシーなダイエット食品として応用が可能です。
食べたい時に食べれるので焦げないように音がしなくなったら火を止めて入れ物に入れて完成します。

関連記事を見る

2019/11/26

古民家再生プロジェクト vol.3

以前にご紹介した古民家ですが、夏前に購入して以来、少しずつ少しずつ再生が進んでいます。少しずつといっても、ほんまに微々たる速度で進んでいます。なかなか進まないのが現状ですが、それを愉しんででいる自分がいてることは、確かで […]

社長ブログ
2019/11/09

積小為大

先日、ある経営者仲間から、この言葉を聞いた。二宮尊徳の言葉で、意味は、   「小さな努力の積み重ねが、やがて大きな収穫や発展に結びつく。 小事をおろそかにしていて、大事をなすことはできない」   10 […]

社長ブログ