32種類!日本一のポップコーン屋さん、ポップコーンパパ!ブランドサイト

ポップコーンパパマガジン

商品情報や、毎日の暮らしや仕事、地域にまつわる日記など、不定期ですが様々なミニコラムを更新しています。楽しくご覧下さいね★
ポップコーンマガジン ポップコーン研究所
ポップコーン研究所

お気に入りはどれ!?ポップコーンの9つのフレーバーの作り方

「ポップコーンのフレーバーのレシピを増やしたい」
「新しいフレーバーのポップコーンを作りたい」

ポップコーンは自宅で簡単に作ることができ、アイディア次第でフレーバーの可能性は無限に広がっています。そして様々なフレーバーのポップコーンを作ることができると、ホームパーティー、映画鑑賞、子供の誕生会などで、それぞれの場面に合わせた手作りポップコーンを作ることができます。

今回の記事では、ポップコーンのフレーバーを「塩系」と「スイーツ系」の2つに分けて、合計で9つ紹介します。定番のフレーバーから、ちょっと変わったものまで幅広く紹介するので、あなたのお気に入りを見つけてみてください。

 

 

ポップコーン 塩系のフレーバー5種類の作り方

塩系のフレーバーはおつまみや映画鑑賞にぴったりです。また子供だけでなく大人も楽しめるのが塩系ですね。例えば、映画を見ている見るときに作ったり、大人が集まるホームパーティーで手作りしたりすると喜ばれます。

以下では5つの塩系フレーバーを紹介します。どれもフレーバーをふりかけるだけで簡単に作ることができるので、是非とも試してみてください。

 

◆定番!バターソルト

バターソルトはポップコーンの定番中の定番のフレーバーです。サラダ油とバターを弱火で温め、それをポップコーンにからめます。そして、そこに塩をふりかければ完成です。

バターを焦がさないことと塩を振りかけ過ぎないことに注意しましょう。塩は少なめの方がバターの風味が際立ち美味しく作ることができます。

 

◆万人受け!コンソメ味

コンソメ味は油多めでポップコーンをつくり、そこにチキンコンソメをふりかけて作ります。風味を出したいときはサラダ油ではなくオリーブオイルを使いましょう。

顆粒タイプのコンソメをしっかりと溶かしたい場合は、ポップコーンは温かいうちに振りかけましょう。またほんの少しの塩を加えても味に深みが出ておすすめです。

◆ビールに合う!カレー味

大人から子供まで楽しめるカレー味のポップコーンは、ポップコーン用の豆を加熱する前に、カレー粉とはちみつ少量と、塩少々、オイルを加えます。そして、通常の手順通りに豆を加熱して弾けさせ、完成です。

蜂蜜を加えることで味わいに奥行きができ、美味しいカレー味のポップコーンが完成します。辛いものが好きな場合は、唐辛子を少々加えるのもおすすめです。

 

◆大人の味!ペッパー味

ピリリとしたスパイスが美味しいのがペッパー味です。ペッパー味のポップコーンを作る場合は、オリーブオイルを使いましょう。そして出来上がったポップコーンに粗挽きのブラックペッパーと塩をくわえると最高です。

オリーブオイルの風味とブラックペッパーの風味は相性が抜群なのです。大人向けのシンプルかつ味わい深いポップコーンになります。

 

◆冬におすすめ!コーンポタージュ味

コクのあるフレーバーを作りたいときは、バターを使って通常の手順で作ったポップコーンにコーンポタージュの素を振りかけましょう。ポップコーン一人前あたり大さじ1杯の素をふりかけるのがポイントです。

 

 

ポップコーンスイーツ系のフレーバー4種類の作り方

ここでは4つのスイーツ系のフレーバーを紹介します。スイーツ系は子供や女性に大人気です。定番のキャラメルは是非とも作れるようになりましょう。

 

◆キャラメル味

多くの人に愛されているキャラメルフレーバーは簡単に作ることができます。フライパンに砂糖と水を熱し、泡立ったらバターを加えます。そして、香ばしい風味がしてきたら完成です。

あとはキャラメルソースをポップコーンにからめましょう。さとうとバターを焦がさないのがポイントです。

 

◆ココア味

ココア味のポップコーンは通常の手順で作ったポップコーンを火からおろさずにごく弱火にして、そこにココアパウダーを振りかけることで完成です。ココアパウダーが甘みの少ないものである場合は、砂糖で甘みを調整してください。

 

◆チョコレート味

ゴージャスな雰囲気が楽しめるチョコレートポップコーンは、電子レンジで溶かしたチョコレートにポップコーンをからめるだけなので大変お手軽です。

使用するチョコレートを変えるだけで完成したポップコーンの風味も変わるので、あなたに合ったチョコレートを使いましょう。

 

◆はちみつバター味

甘くまろやかなはちみつバターフレーバーは、フライパンではちみつ50g・バター40g・砂糖40gを溶かして、それにポップコーンをからめて作ります。

バターが焦げないように弱火で溶かすのがポイントとなります。

 

 

まとめ

以上のようにポップコーンはどんなフレーバーであっても比較的簡単に作ることができます。塩系はお酒のおつまみに最適ですし、スイーツ系は子供の誕生会や女子会に使いやすいでしょう。

是非とも様々なフレーバーを試し、あなただけのお気に入りの味を見つけてみてください。

関連記事を見る

2019/07/19

元スタッフの結婚パーティー

先日、元スタッフの結婚パーティーに行ってきました!!名前はすすむちゃん。インターン生として頑張ってくれた後にアルバイトとしても2年間ポップコーンパパのスタッフとして頑張ってくれました!!そのすすむちゃんが、めでたく結婚! […]

社長ブログ