32種類!日本一のポップコーン屋さん、ポップコーンパパ!ブランドサイト

ポップコーンパパマガジン

商品情報や、毎日の暮らしや仕事、地域にまつわる日記など、不定期ですが様々なミニコラムを更新しています。楽しくご覧下さいね★
ポップコーンマガジン ポップコーン研究所
ポップコーン研究所

鍋さえあれば作れる!自宅で簡単にできるポップコーンの作り方

ポップコーンはトウモロコシの豆さえ買えば自宅にある物だけで簡単に作ることのできるおすすめのスナックです。数あるスナックの中でも調理の簡単さにおいて右に出るものはないでしょう。

今回は自宅で鍋を使って作るポップコーンを紹介します。出来立てのポップコーンの美味しさは市販のものとは違った味わいがあります。またキャラメルポップコーンなども簡単に作れるので、是非最後まで読んでみてください。

 

簡単な作り方から長く親しまれてきたポップコーンの歴史。

多くの人に親しまれているポップコーンですが、以下ではポップコーンの原材料と歴史を紹介します。ポップコーンは驚くほど昔から人々に食されていたのです。

 

◆ポップコーンとは

ポップコーンはトウモロコシを使って作られますが、原材料となるのはポップ種というトウモロコシです。これはトウモロコシとしてよく食べられているスイートコーンとは違う種類となります。

ポップ種は別名を爆裂種ともいい、その名のとおり加熱によって水分が膨張してはじけるところに特徴があります。スイートコーンをいくら加熱してもポップコーンにはなりません。こうしてはじけたトウモロコシの粒に様々な味付けをしたものがポップコーンとして親しまれているのです。

 

◆実は紀元前3,600年から親しまれている

ポップコーンの歴史は非常に古く、なんと紀元前3,600年からアメリカで食べられていました。ヨーロッパにおいてトウモロコシは家畜の餌であったため、ポップコーンが作られることはなかったのですが、アメリカでは手軽さとコストの低さから長く食べられていたのです。

そんなポップコーンは第二次世界大戦後に日本に入ってきました。アメリカで紀元前3,600年から食べられていたことと比べると、日本人がポップコーンを食べ始めたのは随分と最近なのです。

 

手軽さが最大の魅力!鍋ですぐ作れるポップコーンの作り方

ポップコーンの魅力は手軽に作れるところにあります。以下では、いかにポップコーンが手軽なものかを紹介します。

 

◆鍋があればOK

ポップコーンは専用の器具がなくても簡単に作ることができます。それこそ鍋と油と乾燥トウモロコシさえあればよいのです。鍋で加熱するだけでスナックができるのですから、様々な場面でポップコーンは重宝されます。

 

◆トウモロコシは100円ショップで買うことができる

ポップコーンを作る際に用意すべきはトウモロコシの豆だけです。そして、これは100円ショップで簡単に購入することができます。トウモロコシの豆は加熱により約30倍に膨張するので、少量でもたっぷりのポップコーンを作ることができるのです。

 

◆市販のソースを使うとさらに便利

ポップコーンは塩だけでも美味しいですが、市販のソースやフレーバーを使うと簡単に味を変えることができます。大人気のキャラメルソースも市販されているため、鍋で加熱したポップコーンにソースを絡めるだけでキャラメルポップコーンが完成するのです。市販のソースを使う際は、ものによって適量が違うため確認をして使ってください。

 

鍋を使ったポップコーンの作り方

以下では、鍋を使ったポップコーンの作り方を紹介します。非常に簡単なので、すぐにでも挑戦することができます。

 

◆作る前に動画でチェック

ポップコーンを鍋で作る場合、唯一気を遣うのが火加減でしょう。火が強すぎるとポップコーンが焦げてしまうためです。そのため、初めてポップコーンを作る場合は、事前に動画で手順や火加減を確認しておくのがおすすめです。また動画を見ることで、味付けのバランスも知ることができます。

 

◆基本のポップコーンのレシピ

ここでは基本のポップコーンのレシピを紹介します。基本のレシピはあらゆる味のポップコーンのもとになるものです、まずは以下をチェックし、基本のレシピをしっかりと作ることができるようになりましょう。

1.ポップコーン用の豆を準備する
2.深さのある鍋に豆が重ならないように入れる
3.豆が浸るくらい油を入れる
4.蓋をして弱火から中火で加熱する
5.はじけ始めたら、それが終わるまで鍋をゆすりながら加熱する

これだけで基本のポップコーンが完成します。加熱時間は量にもよりますが、およそ3分です。出来上がったら塩をかけると、最もシンプルなポップコーンとなります。

 

◆オリジナルフレーバーを試そう

上述した基本のポップコーンに以下のようなものを加えることでオリジナルフレーバーが楽しめます。

・塩とバター…塩バターポップコーン
・青海苔と塩…のり塩ポップコーン
・塩コショウとカレー粉…カレーポップコーン
・ニンニクパウダーと塩コショウ…ガーリックポップコーン
・焦がした砂糖とバター…キャラメルポップコーン
・蜂蜜…ハニーポップコーン

オリジナルフレーバーの可能性はあなた次第なので、どんどん新しいものを試していってください。

 

まとめ

ポップコーンは紀元前3,600年から愛されてきたスナックです。鍋で手軽に作れて、フレーバーを変えて味わいに幅を出すことができるのが人気の秘密です。

関連記事を見る

2019/11/26

古民家再生プロジェクト vol.3

以前にご紹介した古民家ですが、夏前に購入して以来、少しずつ少しずつ再生が進んでいます。少しずつといっても、ほんまに微々たる速度で進んでいます。なかなか進まないのが現状ですが、それを愉しんででいる自分がいてることは、確かで […]

社長ブログ
2019/11/09

積小為大

先日、ある経営者仲間から、この言葉を聞いた。二宮尊徳の言葉で、意味は、   「小さな努力の積み重ねが、やがて大きな収穫や発展に結びつく。 小事をおろそかにしていて、大事をなすことはできない」   10 […]

社長ブログ