32種類!日本一のポップコーン屋さん、ポップコーンパパ!ブランドサイト

ポップコーンパパマガジン

商品情報や、毎日の暮らしや仕事、地域にまつわる日記など、不定期ですが様々なミニコラムを更新しています。楽しくご覧下さいね★
ポップコーンマガジン 社長ブログ
2020/11/16 社長ブログ

2020年を振り返る-スタッフ編-

今年もあっという間にあと1ヶ月と少しですね。少し早いですが、最近この一年のことを考えることが多いので、振り返ってみることにします。今回はDreamsのスタッフ達のことについて。みんな一人一人が頑張ってくれてるんで、ホントに感謝の心でいっぱいです。その中でも僕にとって印象に残ってるスタッフを紹介したいと思います。

 

今年2020年はコロナの影響もあって、大変な一年でした。4店舗中2店舗が3ヶ月以上も閉店を余儀なくされると言う、今までに経験したことのない状況になり、これまでの常識が全く通じなくなってしまいました。

 

その時はかなり大変なことになったなぁと感じていましたが、今振り返ると、この経験が出来たからこそ、スタッフ一人一人が本氣で仕事に取り組み、今まで以上の力や知恵を発揮することになったんやと感じます。一見すると逆境に思えますが、その中で生まれたことは凄く価値あるものなんとちゃうかなぁと感じています。

 

 

通販やブランディングを担当してるS君

凄く進化を感じるのは、通販やブランディングを担当してるS君。以前から頑張り屋で、みんなを引っ張ってくれてる存在でもあり、いろいろな企画を提案したり、実践したり、現状の課題を克服するために時間を惜しまず取り組んでくれていました。そんな彼がこのコロナ禍を通じて更に進化してます。

 

支援していただいてるコンサルタントの方からマーケティングを学び、お客さまが喜んでくれる企画を実践し、その成果がどのようなものであったか、数字を分析して、みんなに報告してくれています。

 

その報告の内容が細かくて的確なので、毎回感動してます!こんな分かり易い資料、自分やったら作られへんやろうなぁと感じたりして。彼のおかげでお店が閉まっていた時期も通販を通じてたくさんのお客さまにポップコーンパパを楽しんでいただくことが出来ました。

 

 

あべの店店長のLちゃん

そして、あべの店店長のLちゃん。アルバイトにもかかわらず、仕事に対する姿勢は目を見張るほど。通販を盛り上げるためにインスタやツイッターをしている通販女子というグループがあるんですが、そのグループの中でも率先していろいろな企画を実践してくれています。

 

アルバイトで店長をしてもらうことは、よっぽどじゃないとないことですが、彼女にその経験してもらいたい!との思いから、店長になってもらいました!

 

スタッフとの関係や多店舗との協力や調整など、本当にたくさんの課題に悪戦苦闘しながら、日々成長してくれています。今年たくさん勇気をもらったスタッフの代表的存在ですね。

 

 

変化を感じてホッとしているN君

変化を感じてホッとしてるのは、N君。今年はお店の売上がゼロになったので、他でも販売することが必要になり、スーパー銭湯や病院の売店などで販売して頂くために、そういった先への卸しの営業にも力を入れました。今ではうちのお店だけでなく、いろいろな所で販売もしてもらい、多くのお客さまと接する機会が増えています。

 

会社の中でも一番おしゃべりで元氣のあるN君に営業担当になってもらったんですが、現場や事務所との連絡がうまくいかず、周りからの評価もあまり良くなく、一時は退職も考えていたようです。何回か話し合いを重ね、少しずつ変化があって、今は、彼の日々の日報・振り返りを共有して、みんなと共に成長してくれています。

 

先日、久しぶりに明るい雰囲気で面談を行うことが出来ました。ここ数ヶ月は叱ることが多く、「これからどうする?」といったことが多かったですが、上がり調子のええ時間を過ごすことが出来ました。

 

 

一番感動したNちゃん

そして、最近一番感動したのは、Nちゃん。以前は自分自分という姿勢が前面に出すぎていて、仕事は出来るのに周りからの評判は良くなくて、問題児的な存在でもあった彼女。面談では何度か厳しいことも伝えたりしたことありました。彼女にとっても辛い経験やったかも知れません。

 

しかし、アルバイトリーダーになって少しずつ周りのスタッフに対しての思いやりが出てきて、その後は副店長になり、自分だけでなく仲間の成長こそがチームにとって大切なことだと氣づき、それを実践してるように感じます。

 

そんな彼女が「社員になりたい!」と言ってくれました。自分の中では「もちろん!」と言う氣はありますが、他のみんなの意見が大切なので、これから他の社員の評価を聞いて、彼女の希望が実現するかどうかというところ。しかし、そう言ってくれたのは、ほんまに嬉しかった~。

 

問題児の彼女がいろいろな人との関わりのなか、少しずつ成長して仲間のために役に立ちたいと思ってくれたのは、実に嬉しい。

 

 

2020年、まだ少し残っていますが、この一年は「人の可能性」をたくさん感じることの出来た一年であります。仲間、そして会社を支えてくれているお客さま、取引先の方々、地域のみなさま、支援頂いている大勢のみなさんに感謝感謝です。本当にありがとうございます。これからも頑張っていきます!!

関連記事を見る

2020/11/26

2020年を振り返る-自分編-

自分自身のことを振り返ると、仕事の面ではスタッフがかなり自主的に頑張ってくれるようになり、自分の目指していた形にだんだんと近づいてる氣がします。   なので、以前のように「あれをしないと、これをしないと!」とい […]

社長ブログ